ED治療薬(バイアグラ、レトビラ、シリアス)の違いまとめ

現在日本でED治療薬として入手できるのはバイアグラ、レトビラ、シリアスの3種類に限られます。

この3種類に限り国が医薬品として認めているからですね。

しかし、3種類のED治療薬の違いについてはあまり知られていません。

そこで、このページではバイアグラ、レトビラ、シリアスの違いについて解説をしていきます。

ED治療薬の比較まとめ

バイアグラ、レトビラ、シリアスの違いについて下記のように表にまとめておきましたので、参考にしてください。

製品名 バイアグラ レトビラ シアリス
主な特徴 勃起力は最大・世界初のED治療薬・即効性あり 即効性あり・勃起力大・食事の影響を受けづらい 36時間あり・ED治療薬中最大
効果が出るまでの時間 30分~1時間 10分~30分 1時間
効果が持続する時間 4~6時間 5~10時間 15~36時間
食事の影響 影響あり ほとんどなし ほとんどなし
アルコールの影響 影響あり ほとんどなし ほとんどなし
容量 25mg/50mg 5mg/10mg/20mg 5mg/10mg/20mg
副作用 頭痛・顔がほてる・めまい 頭痛・顔のほてり・めまい 頭痛・顔のほてり・消化不良
目安価格 50mg≒1,500円 10mg≒1,500円
20mg≒2,000円
10mg≒1,700円
20mg≒2,000円
製薬会社 ファイザー製薬 バイエル社 イーライリリー社

※価格の目安は薬品本体価格で、実際にはこの価格に診察料等が加算されます。

以上が各ED治療薬の違いになります。

続いて各ED治療薬の特徴や副作用などの注意点について解説をしていきます。

バイアグラの特徴

バイアグラは当初狭心症の治療薬として開発されました。

主成分のシルデナフィルが、勃起に有効だということがわかり、ED治療薬としてバイアグラが開発されたのです。

その特徴と副作用は以下の通りです。

強い勃起を維持できる

勃起を鎮める酵素PDE-5の働きを阻害することで、強い勃起状態を長時間維持することができます。

即効性がある

バイアグラは服用後は早ければ30分、遅くても1時間前後で効果が表れます。

効果が表れるといっても何もない状態で勝手に勃起状態が続くのではなく、性的な刺激を覚えた場合に限って自然に勃起するということなので、心配は要りません。

持続時間は25mgの場合は4~5時間、50mgだと5~6時間にもなります。その時の状況に合わせて使い分けてください。

食事の影響を受けやすい

食事をした後にバイアグラを服用すると有効成分の吸収率がかなり悪くなるので、効果が表れるのが遅くなったり、効果自体が低下する、最悪の場合には効果がなくなってしまうケースもあります。

バイアグラは食前に服用することをおすすめします。バイアグラを服用後に食事をしても、その効果には全く影響はありません。

副作用

バイアグラの主成分シルデナフィルには、血管を拡張して血行を良くする作用があります。この作用は穏やかに出るのではなく、急激に出ます。

そのため顔のほてり、めまい、頭痛が副作用として発症することがあります。

症状の程度は別にして、副作用を感じる人はバイアグラを服用した人のおよそ90%に当たるという報告もあります。

レトビラの特徴

レトビラの有効主成分はバルデナフィルで、肺動脈性肺高血圧症の治療薬です。バイアグラの主成分と同じような効果があります。

高い即効性

ED治療薬の中で一番早く効果が表れます。

服用後早ければ15分程度で効果が表れるので、急にセックスをすることになったときにも対応しやすいといえます。

この効果は主成分が水に溶けやすい性質を持っているからで、いざというときには非常に助かります。

副作用

副作用はバイアグラと同じで頭痛、顔のほてり、めまいや息切れなどが発症します。

これらの症状は血管の拡張による血流が急激に多くなるからです。

シリアスの特徴

服用後の効果が最大36時間もあるという画期的な効果を発揮します。

バイアグラやレトビラに比べると、食事やアルコールの影響を受けることはあまりありません。

効果が長時間続く

服用後の効果が長時間持続するので休日に服用する人が多いため、欧米ではウィークエンドピルとも呼ばれています。

長時間効果が続くということは、パートナーといる時間はいつでもセックスが可能ということになるので、パートナーとの休日の過ごし方の幅が広がります。

即効性はない

シアリスには残念ながら即効性はありません。

効果が表れるまで、最低でも1時間、長い場合には3時間ぐらいはかかってしまいます。

その分、持続時間が長いので、上手に飲むタイミングをあまり考えなくてもいいといえます。

早めに飲んでおいて、余裕を持って女性と時間を過ごすことができます。

食事の影響を受けにくい

バイアグラやレトビラのように食事の影響を受ける率があまりないので、食事中や食後に服用しても問題はありません。

女性と食事中に急展開が起きて、ムードが高まったときに飲んでも効果には全く問題はありません。

目立たないように飲んでから、効き目が表れるまで上手く時間を使ってからベッドインすることもできるという優れものです。

副作用

シアリスの有効成分タダラフィルは肺動脈性肺高血圧症及び、前立腺肥大による排尿障害の治療薬として使われています。

バイアグラやレトビラと同じように血管拡張作用があるので、効果が出ると血流が一気によくなる作用があります。

そのため副作用も同じように頭痛やめまいを発症することがあります。さらに、消化不良を引き起こすこともあります。

ここに挙げた3種類のED治療薬に共通した注意点として、心疾患や高血圧症の人、重めの肝臓障害のある人は服用できません。

この他にも硝酸薬や抗不整脈薬を使っている人、網膜色素変性症の人、過去にバイアグラ、レトビラ、シリアスの成分でアレルギーを発症した人、脳梗塞や心筋梗塞を6ヶ月以内に発症した人なども服用できないことがあります。

そのため服用前には医師の診察と、医師による処方が必要になります。

服用に当たっては、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

EDは男性にとって相当つらいものですが、ここに挙げた治療薬を上手に使うことによって切り抜けることができます。

風俗店を利用するときや一晩限りのお相手でもない限り、できればED治療薬を使っていることをパートナーに知らせておいた方がいいと思います。

理由はEDの原因がメンタルなことだったら、パートナーと協力して治癒させることができる可能性があるからなのと、隠すことによってさらにメンタルな部分に悪影響が起きることを防ぐためです。

EDは決して恥ずかしいことではないので治療薬を上手く使いながら、精神的に余裕をもって女性と接していくことで自分の中のメンタリティーを変えていくこともできると思います。

その他の記事